バーニィの徒然なるままに

※スマホで表示がおかしくなる方はコチラ ※本サイトはJavaScriptを有効化して御覧ください
最終更新日:2014/04/11

ショートカットキー


ショートカットキーを覚えることにより、一つ一つの動作にかかる時間が短縮できます。
一つ一つの動作への短縮時間はわずかかもしれません。
しかし、仕事をする上で同じ行動や、同じソフトを使用するというのは何度でもあります。

わずかの短縮時間でも、積み重なることにより、
知っているのと知らないのでは、大幅に作業効率が変わってきますので是非覚えましょう。

管理人の体験談だと、情報業界に働いている人は、最低限のショートカットキーは全員知っているのですが、
(逆にショートカットキーをほとんど使わないような人は、基本的に作業が遅いので一緒に仕事をしたくはないです・・・)
知っていると便利なのに、意外と知られていないショートカットキーを知っているか知らないかで、
作業の速さに差が出ている場合もあります。

余談ですが、元々パソコンとはキーボードだけで全ての操作が出来るようになっています。
マウスはなくてもパソコンは動きます。

ショートカットキーを使い、作業効率を上げるということは、
左手と右手は両方とも出来るだけキーボードに置いて、
右手でマウスを操作するという無駄な動作を省く側面もあります。

まあそんなことを普段意識する必要は一切ありませんし、
やりたいことによってはマウスの方が早い場合もあるので本当に余談ですが^^;


操作全般 必須のショートカットキー


このショートカットキーはパソコンを使う上で、頻繁に使う機会があるため必ず覚えましょう。

Ctrl + C選択範囲の内容をコピーします
Ctrl + Vコピーした内容を貼り付けます
Ctrl + X選択範囲の内容をコピーします。選択範囲の内容は削除されます。
Ctrl + Z一つ前の操作を元に戻します
Ctrl + Y操作をやり直します。Ctrl + Zを誤って押した場合などに使用します。
CtrlCtrlを押しながらファイルを選択することで複数選択が出来ます
ShiftShiftを押しながらファイルを選択することで範囲選択が出来ます
Enter選択しているファイルを実行します
Delete選択しているファイルを削除します
十字キー (↑→↓←)ファイルを選択します
Backspace (BS)一つ前の操作でいた階層へ戻ります
Ctrl + Alt + DelWindowsのロックや、ログオフ、タスクマネージャーの起動などを行える画面が表示されます。
特にタスクマネージャーでアプリを強制終了させたい場合に使います


使えるようになると便利なショートカットキー


ここから、知らないショートカットキーも出てくると思います。
普段使えるようになると作業速度が上がりますので、是非使えるようになりましょう。


操作全般


Windowsキー + Dデスクトップ画面を表示
Windowsキー + LWindowsのロック。
セキュリティ上、会社で席を立つときはこの操作をしましょう
Alt + Tab開いている次の項目を表示させます。
Altは押しっぱなしにして、表示させたい項目まで何回もTabを押してください
Alt + Shift + Tab開いている前の項目を表示させます。
AltとShiftを押しっぱなしにして操作します。
慣れは必要ですが「Alt + Tab」と合わせて使えるようになると便利です


文書作成


慣れも必要になりますが、このショートカットキーを覚えることでマウスを持つ時間がグッと減り、作業速度が上がります。
普段文書作成をしている人は必ず覚えましょう。

使用している文書作成ソフトによっては、キーや動作が多少違う場合もありますが、
どの文書作成ソフトでも似た操作は可能なはずですので、是非試してみてください。

Ctrl + S文書を保存します
Ctrl + F検索ダイアログを表示します。
Ctrl + R置換ダイアログを表示します。
ソフト毎にキーは異なります
Homeポイントを現在の行の先頭に移動
Endポイントを現在の行の末尾に移動
PageUpポイントが1ページ分上に移動
PageDownポイントが1ページ分下に移動
Ctrl + ←ポイントを単語の先頭に移動
Ctrl + →ポイントを単語の末尾に移動
Ctrl + ↑1行分上に画面がスクロール。ポイントは移動しない
Ctrl + ↓1行分下に画面がスクロール。ポイントは移動しない
Shift + 十字キーポイントから操作した方向へ範囲選択


Webブラウザ


Internet ExplorerなどのWebブラウザにも、便利なショートカットキーはあります。
使用しているWebブラウザやバージョンによって、若干操作は異なりますが、似た操作は出来るはずですので試してみてください。

F5開いているページを更新します(再読み込みします)
キャッシュが残っていてページを更新しても表示が変わらない場合はF5を連打してください。
F11開いているページを最大化します。もう一度押すと元に戻ります
F12開発者ツールを開きます。
普段は使用しませんが、Web関連の仕事をする時はよく使用します。
Alt + ←前に戻る
Alt + →次に進む
Ctrl + Wタブを閉じる
Ctrl + Dお気に入りに追加
Ctrl + F検索ダイアログを開く


ショートカットキーの調べ方


最低限のショートカットキーのみを記載してきましたが、
もちろん、ショートカットキーはまだまだソフト毎にたくさんあります。
普段使えるショートカットキーもまだまだあります。

そこで普段使っているソフトはどんなショートカットキーが使えるのかの調べ方を紹介します。
ソフトのヘルプを見るという方法もありますが、それよりももっと簡単な方法があります。

それはソフトの画面上部にある、メニューを見ることです。
下の画像はIE11の例になりますが、ショートカットキーはメニューに書かれている場合がとても多いです。

ショートカットキー調べ方の画像
上の画像からショートカットキーとして、新しいタブを開くのは「Ctrl + T」で出来るということがわかります。
新規ウィンドウやタブを閉じる。印刷などもここからわかります。

普段使うソフトの、普段使う操作のショートカットキーは是非見ておきましょう。

使用頻度の少ない操作はマウスでもいいですが、
よく使う操作はショートカットキーを覚えておくと、作業効率が上がりますよ!



Copyright © 2014 barney.webcrow.jp All Rights Reserved.
ご意見、ご要望はこちらまで→webbarney80@gmail.com