バーニィの徒然なるままに

※スマホで表示がおかしくなる方はコチラ ※本サイトはJavaScriptを有効化して御覧ください
最終更新日:2014/05/21

テスト


必要スキル

コミュニケーション能力・・・★★★~
プログラミング能力・・・★
経験・・・★


テストの仕事を大雑把に説明すると、

テスト仕様書を元に、
プログラムで実装された機能を、実際に動かしてテスト仕様書の通りに動作するか確認する仕事です。


これはテスト仕様書さえしっかりしていれば、誰にでも出来ます。
作業速度も慣れの部分が大きいため、熟練者と初心者の差があまりありません。

熟練者の方が「テスト仕様書には書かれていないけど、この動作をやったらバグが起きるのでは?」
という予想が立てやすくなるくらいでしょうか。

そのため、新人の方には、まずテストをやらせてみて全体の雰囲気や流れを理解してもらう場合が多いです。

なお、作業に割り振られる人数は、このテストかもしくはプログラムに一番多く割り振られる場合がほとんどです。



ではテストの仕事を具体的に説明します。

といっても、基本的にはテスト仕様書にやることが全て書かれています。

テスト仕様書に
「データベースのMENTE_FGを1にすると、メンテナンスモードとなり、この状態で画面1のOKボタンを押下するとエラーになることを確認」
など実際にやることが具体的に書いているはずですので、その内容に沿って正確に、素早くテストしていくことになります。

ただし、テスト仕様書は本来大事なものなのですが、納期の迫ったプロジェクトほど、テスト仕様書をしっかり作成する余裕がなくなり、
誤っている実行結果が書かれていたり、曖昧な内容が書かれているだけの場合がよくあります。

例えば、上の例だとエラーを起こすテストなのはわかりますが、
MENTE_FGがどのテーブルにあるのかは、テスターの人が自力で設計書から探す。もしくは設計者に聞く必要がありますし、
そもそもエラーになったらどうなるのかが書かれていなかったりします^^;

このように曖昧な内容になる場合がよくありますので、
これらの疑問点を素早く解決していけるかがテスターに必要なスキルになります。


また、テストのやり方も機能によって異なります。
画面系なら例のように、ボタンを押したり見た目を確認したりするのでわかりやすいですが、
バッチ系など内部処理がメインの場合は、データベースの内容やログから正しく動作しているか確認しますので、
色々なやり方に対応できる応用力も必要です。






Copyright © 2014 barney.webcrow.jp All Rights Reserved.
ご意見、ご要望はこちらまで→webbarney80@gmail.com