最終更新日:2014/05/12

システム


ルート分岐
SRポイントと難易度
主人公
パイロットの性格
パイロットの各ステータス
エースパイロット、エースボーナス
リレーション補正
ユニットの各ステータス
武器の特殊効果
地形適応
サブオーダー
機体改造
援護攻撃
援護防御
機体サイズ
連続ターゲット補正
距離補正
プレースメントシステム


ルート分岐


特定の話数での選択肢によって、ルート分岐が発生します。

ルートによって、出撃できる機体やパイロットが異なります。
また、選んだルートによっては、換装パーツのトルネードパックが入手できませんので注意してください。



SRポイントと難易度


各マップで特定の条件を満たすと、1ポイントのSRポイントを獲得することが出来ます。

第5話以降、このSRポイントに応じて、マップの難易度がNormalかHardに変化します。

Hardのほうが難しくなりますが、難しくなる以外には変化がないため、SRポイントをとらないようにゲームを進めても全く問題ありません。

[NormalとHardで変わる項目]
入手資金・・・NormalではHardの1.2倍資金を獲得できる。
気力・・・Normalの方が戦闘中の気力の増加が多い。
敵ユニットの数・・・Normalの方が敵ユニットが少ない。
敵ユニットの強さ・・・Normalの方が敵のHPが少なく、武器が強力な敵が出現しない。
敵ユニットの改造段階・・・Normalの方が改造段階が少ない、弱い状態の敵が出現する。
敵ユニットのAI・・・Normalの方は特殊効果武器やMAP兵器をあまり使用しない。



主人公


ゲーム開始時に主人公の機体を格闘寄りか、射撃寄りかを選択できる。

主人公は誕生日と血液型によって、精神コマンドが変わる。

詳しくはメニューの「主人公の精神コマンド」を参照してください。



パイロットの性格


ゲーム画面には表示されませんが、各パイロット毎に性格が設定されています。

性格によって、気力の増減値が以下のように変わります。

-超強気強気普通弱気
敵にダメージを与えた(マップ兵器は除く)+1+1+1+1
敵にダメージを与えられなかった(マップ兵器は除く)+2+1+0+0
敵の攻撃でダメージを受けなかった(マップ兵器は除く)+0+0+0+3
敵の攻撃でダメージを受けた(マップ兵器は除く)+3+2+1+1
味方が撃墜された+2+1+0-1
マップ兵器以外で敵を撃墜(Normal)+4
マップ兵器以外で敵を撃墜(Hard)+3
マップ兵器で敵を撃墜(Normal)+2
マップ兵器で敵を撃墜(Hard)+1
自軍ユニットが敵を撃墜自軍ユニット全員+1
[補給装置]で補給を受けた-10
戦艦に搭載された-10(100未満にはならない)
精神コマンド「気合」+10
精神コマンド「気迫」+30
精神コマンド「激励」+5



パイロットの各ステータス


格闘・・・格闘武器で与えるダメージに影響。
射撃・・・射撃武器で与えるダメージに影響。
技量・・・クリティカルヒットの発動確率に影響。他、シールド防御や切り払い、一部特殊スキルなどの発動確率に影響。
防御・・・受けるダメージに影響。
回避・・・相手の攻撃の命中率に影響。
命中・・・自分の攻撃の命中率に影響。



エースパイロット、エースボーナス


撃墜数が70になることで、エースパイロットになります。

エースパイロットになると、各パイロット毎に決められたエースボーナスが発動します。
エースボーナスはメニューの「パイロット一覧」を参照してください。



リレーション補正


特定のパイロット同士が隣接することで、特殊な効果が発生します。
複数のリレーション補正が発生する場合は、効果が重複します。

種類レベル1レベル2レベル3
友情・信頼命中・回避率+5%命中・回避率+10%命中・回避率+15%
ライバルクリティカル率+5%クリティカル率+10%クリティカル率+15%
恋愛与えるダメージ*1.04倍与えるダメージ*1.08倍与えるダメージ*1.12倍



ユニットの各ステータス


サイズ・・・S < M < L < 2L < 3L の順に大きくなる。サイズや相手とのサイズ差によってダメージや回避率に補正が入ります。
装甲値・・・機体の防御力。大きいほど受けるダメージが減ります。
運動性・・・機体の回避性能。大きいほど相手の攻撃を回避しやすくなります。
照準値・・・機体の命中性能。大きいほど相手に攻撃を当てやすくなります。
地形適応・・・各地形にユニットがいる時の、機体の命中・回避率に影響します。



武器の特殊効果


武器によっては相手に特殊効果を与えるものがあります。

能力低下や行動不能の効果は1ターン(2フェイズ分)続きます。

能力半減・・・パイロットの能力値(格闘、射撃、命中、回避、防御、技量)を半分にします。
行動不能・・・相手が行動できなくなります。
気力低下・・・気力を5減少させます。
SP低下・・・SPを10減少させます。
EN▼・・・ENを30減少させます。
運動性▼・・・機体の運動性を30減少させます。
照準値▼・・・機体の照準値を30減少させます。
装甲値▼・・・機体の装甲値を200減少させます。
バリア貫通・・・相手のバリアを無視します。
サイズ差補正無視・・・サイズ差によって与えるダメージ軽減を無視します。



地形適応


機体とパイロットの地形適応によって、各地形でのユニットの命中、回避率が変わります。

機体とパイロットの地形適応の平均で計算されるため、どちらかが高くても、片方が低ければ地形適応はあまりよくありません。
なお、あまりないですが、地形適応Dだと補正が最悪になるため注意です。

地形適応 S=4, A=3, B=2, C=1, D=0 として計算した場合)
機体+パイロットの合計値 = 8 → 地形適応S
機体+パイロットの合計値 = 6~7 → 地形適応A
機体+パイロットの合計値 = 4~5 → 地形適応B
機体+パイロットの合計値 = 2~3 → 地形適応C
機体+パイロットの合計値 = 0~1 → 地形適応D

-SABCD
命中・回避率+10%+0%-10%-20%-60%



サブオーダー


マップクリア後のインターミッション画面にて、出撃しないパイロットに対して、資金などを獲得させることが出来ます。
各オーダーそれぞれに5人ずつ割り当てることが出来ます。

第13話クリア後から選択できるようになります。

オーダー効果
トレーニング参加したパイロットのPP+20
パトロール参加したパイロットの撃墜数+2
シミュレーター参加したパイロットの経験値+500
資金調達参加パイロットのレベル合計+500の資金を入手



機体改造


資金を投入することで、機体や武器を改造して強化することが出来ます。

機体の改造費は共通ですが、武器の改造は機体ごとにタイプが決められており、改造費や攻撃力の上昇値が異なります。

なお、武器の改造は武器毎の改造ではないため、1段階上げればその機体の全ての武器の攻撃力が上がります。

機体改造費用(合計)

改造段階HPEN装甲値運動性照準値
1段階2,000(2,000)2,000(2,000)2,000(2,000)2,000(2,000)2,000(2,000)
2段階4,000(6,000)3,000(5,000)4,000(6,000)4,000(6,000)3,000(5,000)
3段階6,000(12,000)5,000(10,000)6,000(12,000)6,000(12,000)5,000(10,000)
4段階8,000(20,000)5,000(15,000)8,000(20,000)8,000(20,000)5,000(15,000)
5段階10,000(30,000)5,000(20,000)10,000(30,000)10,000(30,000)5,000(20,000)
6段階10,000(40,000)10,000(30,000)10,000(40,000)10,000(40,000)10,000(30,000)
7段階15,000(55,000)10,000(40,000)15,000(55,000)15,000(55,000)10,000(40,000)
8段階15,000(70,000)15,000(55,000)15,000(70,000)15,000(70,000)15,000(55,000)
9段階15,000(85,000)15,000(70,000)15,000(85,000)15,000(85,000)15,000(70,000)
10段階15,000(100,000)15,000(85,000)15,000(100,000)15,000(100,000)15,000(85,000)
11段階10,000(110,000)10,000(95,000)10,000(110,000)10,000(110,000)10,000(95,000)
12段階10,000(120,000)10,000(105,000)10,000(120,000)10,000(120,000)10,000(105,000)
13段階10,000(130,000)10,000(115,000)10,000(130,000)10,000(130,000)10,000(115,000)
14段階10,000(140,000)10,000(125,000)10,000(140,000)10,000(140,000)10,000(125,000)
15段階10,000(150,000)10,000(135,000)10,000(150,000)10,000(150,000)10,000(135,000)

※11~15段階目の改造はゲーム4周目から可能。

武器改造費用(合計) + 武器攻撃力上昇値(合計)
改造段階ABCD
1段階8,000(8,000)
攻撃力+100(+100)
10,000(10,000)
攻撃力+100(+100)
12,000(12,000)
攻撃力+100(+100)
16,000(16,000)
攻撃力+100(+100)
2段階11,000(19,000)
攻撃力+100(+200)
14,000(24,000)
攻撃力+100(+200)
17,000(29,000)
攻撃力+100(+200)
24,000(40,000)
攻撃力+100(+200)
3段階15,000(34,000)
攻撃力+100(+300)
19,000(43,000)
攻撃力+100(+300)
23,000(52,000)
攻撃力+100(+300)
32,000(72,000)
攻撃力+100(+300)
4段階20,000(54,000)
攻撃力+200(+500)
25,000(68,000)
攻撃力+200(+500)
30,000(82,000)
攻撃力+150(+450)
40,000(112,000)
攻撃力+100(+400)
5段階26,000(80,000)
攻撃力+200(+700)
32,000(100,000)
攻撃力+200(+700)
38,000(120,000)
攻撃力+150(+600)
48,000(160,000)
攻撃力+100(+500)
6段階33,000(113,000)
攻撃力+200(+900)
40,000(140,000)
攻撃力+200(+900)
47,000(167,000)
攻撃力+150(+750)
56,000(216,000)
攻撃力+150(+650)
7段階41,000(154,000)
攻撃力+300(+1200)
49,000(189,000)
攻撃力+200(+1100)
57,000(224,000)
攻撃力+200(+950)
64,000(280,000)
攻撃力+150(+800)
8段階50,000(204,000)
攻撃力+300(+1500)
59,000(248,000)
攻撃力+200(+1300)
68,000(292,000)
攻撃力+200(+1150)
72,000(352,000)
攻撃力+200(+1000)
9段階60,000(264,000)
攻撃力+300(+1800)
70,000(318,000)
攻撃力+300(+1600)
80,000(372,000)
攻撃力+200(+1350)
80,000(432,000)
攻撃力+200(+1200)
10段階71,000(335,000)
攻撃力+300(+2100)
82,000(400,000)
攻撃力+300(+1900)
93,000(465,000)
攻撃力+250(+1600)
88,000(520,000)
攻撃力+200(+1400)
11段階80,000(415,000)
攻撃力+300(+2400)
80,000(480,000)
攻撃力+300(+2200)
90,000(555,000)
攻撃力+300(+1900)
100,000(620,000)
攻撃力+300(+1700)
12段階80,000(495,000)
攻撃力+300(+2700)
80,000(560,000)
攻撃力+300(+2500)
90,000(645,000)
攻撃力+300(+2200)
100,000(720,000)
攻撃力+300(+2000)
13段階80,000(575,000)
攻撃力+300(+3000)
80,000(640,000)
攻撃力+300(+2800)
90,000(735,000)
攻撃力+300(+2500)
100,000(820,000)
攻撃力+300(+2300)
14段階80,000(655,000)
攻撃力+300(+3300)
80,000(720,000)
攻撃力+300(+3100)
90,000(825,000)
攻撃力+300(+2800)
100,000(920,000)
攻撃力+300(+2600)
15段階80,000(735,000)
攻撃力+300(+3600)
80,000(800,000)
攻撃力+300(+3400)
90,000(915,000)
攻撃力+300(+3100)
100,000(1,020,000)
攻撃力+300(+2900)

※11~15段階目の改造はゲーム4周目から可能。
※一部のマップ兵器、合体攻撃の攻撃力上昇は表よりも少なくなります。



援護攻撃


パイロット特殊スキルの援護攻撃を持っているユニットは、
隣接するユニットが攻撃した時に、援護攻撃として、戦闘に参加することが出来ます。

援護攻撃できる回数は、援護攻撃スキルのレベルの回数だけ1ターンに行うことが出来ます。

援護攻撃では命中率が+20%、与えるダメージは75%の攻撃を行うことが出来ます。



援護防御


パイロット特殊スキルの援護防御を持っているユニットは、
隣接するユニットが攻撃された時に、援護防御として、味方の代わりにダメージを受けることが出来ます。

援護防御できる回数は、援護防御スキルのレベルの回数だけ1ターンに行うことが出来ます。

援護防御は、援護される味方が回避に成功した場合は発動しません。



機体サイズ


機体サイズによって回避率に補正が入ります。
また、相手との機体サイズ差によってダメージに補正がかかります。

小さいサイズは攻撃が回避しやすい代わりに、ダメージを多く受けます。
大きいサイズは逆に、攻撃が回避しにくい代わりに、ダメージは少なくてすみます。

防御側の機体サイズによる命中率補正

-SML2L3L
攻撃側の命中率*0.8*1.0*1.2*1.4*1.6

防御側との機体サイズ差によるダメージ補正
-SML2L3L
攻撃側:S*1.0*0.9*0.8*0.7*0.6
攻撃側:M*1.1*1.0*0.9*0.8*0.7
攻撃側:L*1.2*1.1*1.0*0.9*0.8
攻撃側:2L*1.3*1.2*1.0*1.0*0.9
攻撃側:3L*1.4*1.3*1.1*1.0*1.0

SやMサイズのユニットが3Lの相手に攻撃するときは、かなりのダメージ補正がかかってしまいます。
特殊スキルの「サイズ差補正無視」も検討しましょう。



連続ターゲット補正


敵味方を問わず、1フェイズ中に同じユニットが何度も攻撃されると、回避率が5%ずつ下がっていきます。

このため回避率の高いユニットでも、連続で攻撃される毎に回避率が下がりますので、攻撃を当てやすく(当てられやすく)なります。



距離補正


敵味方を問わず、相手との距離によって命中率に補正がかかります。

相手との距離が5マスを基準に、1マス近づく毎に3%ずつ命中率が上がります。

また、5マスから1マスずつ離れるごとに3%ずつ命中率は下がります。

例)
相手との距離が1マス(隣接)・・・命中率+12%
相手との距離が8マス・・・命中率-9%



プレースメントシステム


敵味方を問わず、ターゲットとなるユニットに味方ユニットが2機以上隣接している場合、
与えるダメージが増加します。

なお、攻撃するユニットは計算から除外されますので注意してください。
攻撃するユニットと他の味方ユニット1機で敵を囲んでも、プレースメントシステムは発動しません。

2~3機が隣接・・・ダメージ+5%
4機が隣接・・・ダメージ+10%



Copyright © 2014 barney.webcrow.jp All Rights Reserved.
ご意見、ご要望はこちらまで→webbarney80@gmail.com