バーニィの徒然なるままに シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール 攻略 TOP画像

※スマホで表示がおかしくなる方はコチラ ※本サイトはJavaScriptを有効化して御覧ください
最終更新日:2014/04/26

前作との変更点


ここでは前作から変わったところ、追加されたところなどを紹介しています。

ボリュームが大幅アップ
好きなプレイスタイルで操作できるようになりました
メニュー画面や、パーティ編成画面など、全体的にボタンでの操作が出来るようになりました
「カオス神殿」が「クエストメドレーモード」に
バーサスバトルの追加
前作にあった「シリーズモード」はなくなりました
ミュージックステージ画面でのトリガーのデザインが少し変わりました
すっぴんではなくても最高得点を狙えるように
アビリティを自由に装備できるように
コレカを使用して、キャラクターを成長させることが出来るように


ボリュームが大幅アップ


新楽曲を90曲以上追加。
キャラクターを30人以上追加。
モンスターを40体以上追加。

と前作より大幅にボリュームがアップしています。



好きなプレイスタイルで操作できるようになりました


タッチ操作のみのプレイだけではなく、ボタン操作でもプレイできるようになりました。

プレイスタイルはコンフィグで変えたりする必要はなく、いつでも操作可能です。

楽曲をプレイした時にどの操作を中心にプレイしたかによって、
楽曲クリア時にクリアした時のプレイスタイルが保存されます。

タッチスタイル・・・タッチ操作を中心にプレイ。
ボタンスタイル・・・ボタン操作(A/B/X/Y/L/Rがメイン、矢印はレバーで)を中心にプレイ。
ハイブリッドスタイル・・・タッチ操作とボタン操作を組み合わせてプレイ。
ワンハンドスタイル・・・Lボタンと左レバーを中心にプレイ



メニュー画面や、パーティ編成画面など、全体的にボタンでの操作が出来るようになりました


十字キーで楽曲を選んでAボタンで決定。
など、ボタン操作で出来るようになり、全体的に操作しやすくなりました。



「カオス神殿」が「クエストメドレーモード」に


前作にあった「カオス神殿」がなくなり、
代わりにクエストメドレーモードが追加されました。

スゴロクのように(サイコロは振りませんが)マス目を移動して、
マスにある楽曲をクリアすると先に進めるモードです。

前作の「闇の楽譜」の代わりに、「混沌の地図」を使います。
混沌の地図毎に、MAPが決まっており、
MAPの広さによって、ショートクエスト、ミドルクエスト、ロングクエストと分かれており、
一番奥にいるボスを倒すとクリアになります。

クリアすることで、新しい「混沌の地図」と、キャラクターを解放するためのクリスタルの欠片がもらえます。

ちなみに、クエストメドレー中は、楽曲をクリアしてもHPは回復しませんので、
前作同様、緊張感のあるプレイが出来ます。



バーサスバトルの追加


他のプレイヤーと1対1で戦うモードが追加されました。

インターネットを使用して、知らない人と遊ぶ「インターネット対戦」
近くの人と遊ぶ「ローカル対戦」
ネットに繋がず、CPUと遊ぶ「CPU対戦」の三つのモードがあります。

また、「インターネット対戦」と「ローカル対戦」では、対戦相手とプロフィカの交換を行います。
これにより、すれ違い通信が難しい地方の人でも、簡単に交換できるようになりました。



前作にあった「シリーズモード」はなくなりました


前作に収録されていたFFシリーズのEMS楽曲は、今作では容量の問題のためか収録されておらず、
前作にあったBMS、FMS、EMSを1曲ずつプレイする「シリーズモード」は今作ではなくなりました。

また、今作ではEMSの楽曲は最初はプレイできず、
リズポを集めることで、少しずつEMSの楽曲が解放されていくようになりました。



ミュージックステージ画面でのトリガーのデザインが少し変わりました


トリガーの↑→↓←のデザインなどが、微妙に変わりました。

前作とどちらがいいかは、好みによる気がします^^;



すっぴんではなくても最高得点を狙えるように


前作では、アビリティを全て外した「すっぴん」状態にならないと、最高得点は狙えませんでしたが、
今作では、すっぴんにならなくても最高得点が狙えるようになりました。

そのためか、前作は楽曲ごとにルートが2パターンありましたが、今作は1パターンになり、
フルクリティカルが狙いやすくなりました。



アビリティを自由に装備できるように


前作では、キャラによって条件発動系アビリティ2つ、常時適用系アビリティ2つ、と、
装備できるアビリティの種類が決まっていましたが、
今作では自由に装備できるようになりました。

装備できるアビリティ数は前作同様4つまでとなります。



コレカを使用して、キャラクターを成長させることが出来るように


今作では、コレカは集めるだけではなく、
パーティ編成にある「コレカクリスタリウム」で、
コレカを使用してキャラクターを成長させることが出来るようになりました。

「ちから」や「HP」などを成長させることが出来ます。



Copyright © 2014 barney.webcrow.jp All Rights Reserved.
ご意見、ご要望はこちらまで→webbarney80@gmail.com